開業への想い

2018年12月08日

この度、楽々園に開業する、院長の文野喬太です。

医師として働き出して、約15年が経過致しましたが、研修医の当初は何も分からず、先ずは目の前の疾患に対して、「正しい治療を行う」ということに専念し、多くの技術、疾患を学ぶことが出来き、数々の経験を積ませて頂きました。

そんな中で、たくさんの患者様と触れ合い、経験を積み、多くの疾患を扱う中で、最も自身が感じてきたことは、「同じ疾患でも、患者様の希望やライフスタイルは皆それぞれ違う」、という事実です。

そんな想いから、より多くの外来患者様と身近に触れ合うべく、総合病院を離れ、クリニックでの勤務を行って参りました。

前職のクリニックでは、「リハビリ治療」「トレーナー」「鍼灸」「物理療法」「デイケア」「ディサービス」などが整っている素晴らしい環境で、1日60人~70人、時には100人を超える外来患者様を診させて頂き、更なる経験を積まさせて頂きました。

そこで培った経験を活かし、より多くの患者様のライフスタイルの実現をお手伝いできたらと思い、この度、開業するに至りました。

当院では、疾患だけ診るのではなく、患者様の生活スタイルなどの背景も十分に考え、患者様に寄り添った治療をオーダーメイドで提供していきたいと思っております。

しかしながら、その私の思いの実現は、もちろん独りでは成り立ちません。
その為には、一緒に働いていく仲間達の協力が必要となります。
だからこそ、スタッフの働きやすい環境作りに力を注ぎ、そしてそのスタッフの笑顔が、患者様の笑顔に繋がると考えております。

開業に向けて、私の夢の実現の為、多くの業者様が尽力して下さっており、医療に関して以外にも、日々学ぶことが多いにあります。感謝の気持ちと共に、そんな思いを患者様、スタッフ、関係者の皆さまにも届けられたら幸いです。