院内・設備紹介

検査機器

inspection equipment
MRI HITACHI AIRIS Vento type ORIGIN5

オープン型MRIは、開口部が広いため不安感や圧迫感なく検査できます。

トンネル型MRIでは検査が難しい患者様もMRIの検査が可能となっています。

また、放射線科専門医による遠隔画像診断を導入しているため、幅広い疾患にも対応できます。

骨密度測定器 GE PRODIGY Fuga

最新型DXA骨密度測定装置は、日本骨粗鬆症学会と日本骨代謝学会による「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」で推奨されている装置です。

装置上での検査時間が3~4分程度と検査時間も短縮され患者様に優しい検査となっております。

レントゲン装置 RAD speed PRO CMタイプ

当院では、「フラットパネルディテクタ」を採用しました。

撮影毎にカセットを交換する事が無く、約8秒間隔にて撮影が可能となり、待ち時間の短縮に繋がると考えています。

少ないX線量でも高画質の診断が可能となり、患者様の被ばくリスクを大幅に低減いたします。

体成分分析装置 InBody 270

筋肉・脂肪の部位別のバランスや栄養バランスを評価することができます。

体の筋肉・栄養バランスを測定することで、いち早く結果を出すことを目指し、カラダの状態に合わせた最適な治療を提案していきます。

心電図検査 FCP-8200

心電図検査では心臓の動きを波形に表して記録し、心臓の状況を把握します。

腕・足・胸に電極を付け、心臓の動きを把握し不整脈等の診断を手助けします。

血圧脈波検査装置 VS-2000

両腕・両足の血圧と脈波を測定し動脈硬化とABI(下肢のつまり)を簡単に検査することで血管年齢もわかります。

結果は直ぐに出るのでその場で医師からの診断を受けられます。

物療機器

medical equipment
ウォーターベッド QZ260
効果 筋肉の柔軟性向上。マッサージ効果。
適応 神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、疲労回復、血行促進。
自動間欠牽引装置 ST-3L、ST-3CL
効果 変形性腰椎症等の腰部疾患、及び頸椎症の治療。
適応 椎間板ヘルニア、椎間板変性疾患、椎間関節障害、脊椎症、頚肩腕症候群、項部から腰背部にかけての疼痛やこわばり、腰痛、坐骨神経痛。
ポラリスカイネ PO3i
効果 経皮的に鎮痛及び筋萎縮改善に用いられ、神経及び筋刺激を行う。
適応 脳血管障害や脳性麻痺、脊損などの痙性の軽減、廃用性筋萎縮の改善、関節可動域の拡大、筋力向上、随意運動能力の回復、骨折の治癒促進、疼痛緩和等。
ホットパック MHR4f
効果 温熱効果。
適応 断端痛、関節リウマチ、変形性関節症、関節拘縮、関節周囲炎、変形性脊椎症、腰痛症、筋肉痛、神経痛、神経炎、多発性神経炎、片麻痺、筋スパズム(肩こり等)、片麻痺等の痙直、浮腫、血行改善(レイノー病や末梢性運動麻痺)、疲労回復など。
レーザー治療器 JQW1
効果 筋肉・関節の慢性非感染性炎症による疼痛症候群の治療。
適応 関節リウマチ、片麻痺、多発性神経炎、帯状疱疹後神経痛、頸椎症、変形性頸椎症、肩関節周囲炎、筋膜性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、慢性腰痛症、脊椎管狭窄症、骨折、打撲・捻挫、上腕骨外側上顆炎、変形性膝関節症、腱鞘炎などの疼痛。星状神経節ブロックの適応。
ラクシア LX-H1
効果 マッサージ効果。
適応 神経痛・筋肉痛の暖和、リンパ浮腫、血行促進、疲労回復。
超音波骨折治療器 オステオトロンV

LIPUS(Low Intensity Pulsed Ultra Sound:低出力パルス超音波)の音圧効果により、骨折部位の骨の形成を促進し、骨癒合期間を約40%短縮できます。

2チャンネル独立出力が可能になったオステオトロンVは、標準装備の1.5MHzのプローブに加え、オプションの750kHzのプローブを使用することで、浅部から深部まで、様々な患部の治療に対応できます。

クリニック内観

indoor view
リハ室
トイレ
キッズスペース
更衣室
ロッカー
処置室
診察室
受付