診療内容

診療フロー

medical flow

医師による
診察、治療、リハビリ処方

医師による丁寧な問診・診察、検査(レントゲン、MRI、骨密度測定、InBodyなど)を行い評価し、患者様にとって最善の治療(ボトックス注射、関節内注射、トリガーポイント注射、ブロック注射、薬物療法など)、リハビリメニュー作成を行なっていきます。

リハビリの実施

物理療法

痛みの緩和・リラクゼーション・ むくみ・循環の改善に繋げ、効果的に運動療法を受ける為の身体作りを行います。

設備一覧へ

SD療法

スタッフサポートのもと、座位や背臥位で使用する器具を用いるため、体力が低下した方でも無理なく安全に、筋力向上、脊柱における柔軟性の改善につなげます。

理学療法士による治療

理学療法士が患者様を総合的に評価・治療する事で「運動機能の回復」「日常生活動作の改善」「生活の質の向上」を目指します。

日々の筋力維持を目的とした運動

ストレッチ器具、筋力訓練機器を円状に配置し、効率よく、よりスムーズに「サーキット運動」を行う事で、筋力維持・向上、柔軟性の獲得を行なっていきます。

身体機能を高め、日常生活に必要な筋力を包括的に強化することで、「生き生きとした生活維持のサポート」「社会復帰やスポーツ復帰をサポート」することを目標にしていきます。

定期チェック

医師が定期的なチェックを行い、患者様のライフスタイルや希望を最大限に取り入れながら、リハビリ継続・卒業の判断、リハビリプログラムの変更などを行なっていきます。

関節の病気
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節などの変形と痛み
脊椎脊髄の病気
頸椎・胸椎や腰椎部の変形と痛み、手指のしびれや麻痺
上肢の病気
肩部・肘部や手指の痛み
下肢の病気
股関節部から足先までの痛み
スポーツ障害
スポーツに伴う上肢(肩、肘など)・下肢(股関節、膝、足関節など)、体幹の痛み
打撲・捻挫などの外傷
上肢・下肢、体幹部の打撲・捻挫・突き指などの外傷
その他
骨粗鬆症、脳卒中後の手足の痙縮(手足のつっぱり)